日銀は28~29日に金融政策決定会合を開き、その後に黒田東彦総裁が記者会見します。新型コロナウイルスの感染拡大で悪化した企業の景況感には、一部で改善の兆しが見えています。一方、黒田氏は経済の先行きについて「不確実性が高く、下振れリスクの方が大きい」と発言しています。米連邦準備理事会(FRB)が9月にゼロ金利政策の長期化につながる新たな政策指針を打ち出す中、日銀も緩和姿勢を強化していくのでしょうか。

日銀総裁会見【2020/10/29】
(画像=日経CNBC)

続きは下の本編にてご覧いただけます。