日経平均株価やTOPIXなどの市場動向を表す指標(ベンチマーク)の動きに連動する運用成果を目標とする運用戦略。パッシブ運用とも呼ばれ、このインデックス運用を目指す投資信託のことを「インデックスファンド」という。インデックス運用を行う場合は、原則としてベンチマークを構成している各種銘柄をポートフォリオに組み入れることが一般的である。しかし、ファンドの運営面から考えるとファンド規模次第ではベンチマークを構成している銘柄を全て組み入れることが難しかったり、途中解約などにより純資産が不安定になったりするなどの問題が生じることが少なくないことから、必ずしもインデックス運用によるファンドの成績が完全に一致するという訳ではない。インデックスファンドの特徴は対義的に用いられる「アクティブファンド」と比べて、銘柄選別や企業分析を行わないことから、ファンドの維持コストが安いということが挙げられる。対義語としてのアクティブ運用は、ベンチマークよりも高いパフォーマンスを目的とする運用手法である。