外国為替市場へ介入する場合、日本銀行がロンドン市場やニューヨーク市場で介入する場合、海外の通貨当局に委託して介入すること委託介入は、自国の通貨当局が海外の通貨当局に対して為替介入の実施を委託することをいう。また、為替介入とは、外国為替相場に影響を与えることを目的に、財務省や中央銀行など通貨当局が外国為替市場で実施する通貨(外国為替)の売買取引のことをいう。一般に外国為替市場は24時間オープンしており、一日の経過と共に取引の中心市場がオセアニア市場・アジア市場(東京市場)・欧州市場・ニューヨーク市場へと移っていき、自国市場以外の時間帯に介入の必要性が生じた際には、海外の通貨当局に対して為替介入の実施を委託することもある。

日本の場合、政府・日銀が為替介入を主に委託する先としては、欧州市場ではECB(European Central Bank:欧州中央銀行)、ロンドン市場ではBOE(Bank of England:英国中央銀行)、ニューヨーク市場ではFED(FederalReserve Bank:米連邦準備銀行)などである。