事業計画,分析
(画像=PIXTA)

②こんなアプローチトークを活用し事業計画書の作成を促そう

【声かけ1】事業計画書を作ることで各事業の損益状況を整理できますよ

経営者ならば、自社の部門別・商品別の損益を把握しておくことが必要だ。どの事業が儲かっていて、どの事業が足を引っ張っているのか、具体的な数値で把握しておかなければならない。

しかし、多くの中小企業の経営者はこれができていない。そのため、儲からない事業に多くの経営資源を投入していることもあるのだ。そのような状況を変えるきっかけとなるのが「事業計画書の作成」である。

経営者の頭をリセット