金融
(画像=PIXTA)

やる気の出ない部下への対応方法を考える①

人間関係の良い職場を作ることが重要に

今回と次回は、やる気の出ない(モチベーションが低くなっている)部下への対応方法を考えていきたい。

その前に第4原則「部下を活性化させ一丸とする」について述べてきた、ここまでの5回を振り返ってみよう。

支店業績を持続的に向上させていくためには、部下一人ひとりが気持ちよく活き活きと自律的・内発的に行動できるようにし、支店を一丸(チーム力強化)としなければならない。そのためには、職場の誰もが「働きやすい、人間関係の良い職場環境の中で」「やりがいのある仕事をしてお客様から喜ばれ(感謝され)、同僚・上司から認められ」「能力を発揮し、自分自身を成長させていきたい」――と願っていることをしっかり認識しておく必要がある。

中でも「働きやすい、人間関係の良い職場環境」が最も重要である。なぜなら、それが「やりがいのある仕事をしてお客様から喜ばれ(感謝され)、同僚・上司から認められ」「能力を発揮し、自分自身を成長させていきたい」という願いを実現させる前提、起点になるからだ。

そのために支店長は次の点に留意する。