金融
(画像=PIXTA)

不慮の事態に一喜一憂しては相場を見誤る。市場を読む術を紹介しよう。

コロナ禍からの回復期待が高まってきた2020年度下期が始まった10月1日、東京証券取引所をはじめとする日本の証券取引所が機能停止に陥った。憂慮すべき事態の再発防止を切に願いたい。市場の先行きに不安を覚えた預かり資産担当者も少なくなかったことだろう。

インターネットで投資マネーが世界中を瞬時に駆け巡るいま、市場には様々なリスクがある。金融機関のシステム不具合や証券会社の発注プログラムの故障で取引停止や価格情報が入手できない事態などだ。復旧するまで、暗闇で過ごすかのごとく投資家の不安は募ってしまう。

海外投資家動向は日本株の分析に必須