投資信託や年金などのファンドにおいて、個別証券の分析などに基づいてTOPIXなどの市場平均やベンチマークを上回る運用成績(リターン)を追求する運用手法。証券の選別や管理のコストが必要になる点に注意が必要。コストに見合ったリターンが期待できない場合には、市場の平均的なリターンを追求するパッシブ運用が用いられる。その場合には、基準となるTOPIXなどのインデックスと同じ構成のポートフォリオを選択するのが望ましいとされる。経済や市場動向などマクロ的な投資環境の予測から始まり、資産配分や業種別配分を決め、その後に個々の投資対象を選択する「トップダウンアプローチ」と、ファンドマネージャーやアナリストの徹底した調査・分析に基づいて投資価値を判断し、その積み上げによる相対的な比較に基づいてポートフォリオを構築していく「ボトムアップアプローチ」の2つがある。

一般にアクティブ運用では、ファンドマネージャーが株式や債券などの組入れ比率や銘柄を決定するので、運用成績はファンドマネージャーの能力に大きく依存する。また、パッシブ運用に比べて、手数料や信託報酬が全般的に高めとなる傾向がある。ちなみに、運用成績で上回ることを目指すベンチマークについては、例えば、日本国内の上場株式を投資対象とする場合は日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などが、また海外株式を投資対象とする場合はMSCI指数の各種インデックスなどが、そして公社債の場合は「NOMURA-BPI」などが用いられることが多い。