WTI原油価格とは、世界で最も売買量の多いテキサス産の原油の最も限月の近い先物価格のことである。そして、その先物価格を円建てした投資信託がり、WTI原油価格連動型上場投信である。その2009年8月に大阪証券取引所に上場された日本初のコモディティEFT。日本の個人投資家が、原油に投資できる数少ない金融商品の一つである。資金を証拠金として差し入れWTI原油先物を買い建て、残りの資金は米国の財務省短期債券への投資や現金で保有します。なお、WTIの円換算に連動するETFであるので、円高の時ほど割安になる。