経済
(画像=PIXTA)
近代セールス
(画像=近代セールス)
今回の着眼点「外国人材の社内での処遇」
取引先を訪れ外国人の新入社員を見かけたとき、その処遇に注目していますか。他の日本人と同じような処遇・就労環境となっている場合、その取引先には経営課題が潜んでいるかもしれません。

少子高齢化により構造的人手不足が生じている昨今、取引先にとって「高学歴で優秀な外国人」が入社し自社を支える戦力になることは喜ばしいことだ。

しかし、優秀な外国人が採用できたことと、その人材が会社の戦力となって活躍することは、分けて考えたほうがよい。なぜなら外国人材は高学歴であったり、優秀であったりすればするほど、日本人とは異なる労働観を持っていることが多いからだ。

経営者がそのギャップを理解せずに外国人材の処遇を決めると、モチベーションの低下や予想外の早期離職となってしまう。

日本の慣行は受け入れられない