Jカーブ効果とは、短期的な期間ないしある値までにおいては、 ある出来事から最終的に予想される変化とは逆方向に変化をするということである。外国為替相場では、貿易収支が赤字(黒字)という不均衡の状態にあるとき自国通貨の為替レートは下落(上昇)するが,それがかえって短期的には赤字(黒字)幅を拡大させる効果をもち,その後徐々に輸出数量が増大(減少)して不均衡が解消されること。つまり、短期間では、円安になっても輸出数量は増加しないために、赤字幅は拡大する(黒字幅は減少する)が、ある一定期間を過ぎると、輸出数量は減少して、赤字幅は減少する(黒字幅は拡大する)。これは、輸出入価格と数量の変化に一定のj時間差があるたえに生じる現象である。