経済
(画像=PIXTA)

事業承継はM&Aありきではなく将来を見据えた支援が必要だ

金融機関は事業承継が必要な取引先にM&A仲介企業を積極的に紹介しているが、M&Aが一番の選択肢とは限らない。承継後の経営まで見据え、経営人材の支援にこそ取り組むべきだ。

良いものを作れば売れるという時代から、需要者であるお客様に選ばれないと売れない時代に変化している。

かつて企業は、工場や設備を大きくし、生産を増やすことにずっと注力してきた。収益の上がるビジネスモデルを一度作ってしまえば、他社と似た商品でも売れるので、後は生産を拡大すればよい。供給よりも需要がはるかに上回っていた時代といえよう。

しかし、産業構造が変化した現在は、従来の事業の延長線上を進んでいては生き残っていけない。たとえ技術や製品が新しく優れていても、お客様に支持されなければ売れない時代――いわば供給過剰な時代だ。

業者に任せきりなM&A支援