デフレ状況で生産活動が停滞している時、インフレを避けながら金融緩和や財政出動によって景気を刺激し景気回復をはかる政策。アベノミクスの大本となっている概念でもある。具体的には、年率1-2%の低いインフレ率を実現させるために、インフレターゲット(インフレ率の一定目標を立てて、無制限の長期国債買いオペレーションをすることである。ただし、無制限の長期国債買いオペはデフレから脱却するまでの限定された期間に実施されるだけであり、デフレから脱却した後は通常のインフレターゲットに移行するようになる。