渉外員
(画像=PIXTA)

社会保険制度について覚えておきたいことの1つに、「給付は請求が行われて初めて行われる」ということがあります。公的年金も例外ではなく、年金を受ける資格ができたときに自動的に受給が始まるものではありません。

受給する人が自身で年金を受けるための手続き(年金請求)を行う必要があります。この点は、皆さんもしっかり覚えておくとよいでしょう。

年金を受け取るために必要な年金請求書(資料1)は、受給開始年齢に達し、老齢年金の受給権が発生する人に対し、受給開始年齢に到達する3ヵ月前(通常は65歳が受給年齢ですが、特別支給の老齢厚生年金を受け取る資格のある方は、受給資格が発生する年齢に達する3ヵ月前)に、日本年金機構から送られてきます。

年金請求書は通常、緑色の封筒で送られてきます。

年金請求書には、年金加入記録が記載されており、この記録を見て、もれや誤りがないかを確かめます。もしこれらが見つかった場合には、近くの年金事務所まで事前に問い合わせることとなります。

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

請求者によって提出書類が異なる