日銀が市場で債券や手形などの有価証券を買うこと。これにより、市場の貨幣流通量を増加させる。買いオペにより、市場の通貨量が増えることで、金融を緩和して、金利が下がる効果をもたらす。資金が市場に不足しているときや、金融機関の資金調達を支援したいとき、景気の浮揚をねらいときなどに行われる。通常、市場通貨供給量が増加することで、銀行の市場金利が下がる。これにより、住宅投資や設備投資が増えることで、経済全体の投資が増えることになる。