オフィス
(画像=PIXTA)

Q7. 融資における「契約日」とは何?どうやって決まるの?

【A】 一般的な案件では、融資実行日=契約日とされる。実行日はお客様の希望で決まるため、進捗を考慮して契約手続きを行う

一部の例外はありますが、まず契約日とは「融資実行日」であると考えてください。

融資実務においては、融資実行日に契約を行うのではなく、数日前に契約を行うのが一般的ですから「契約日=融資実行日の数日前のことではないか」と考えてしまいますが、そうではなく「融資が実行される日」であると考えてください。少しわかりづらいところなので注意が必要です。

例えば「12月1日に(金銭消費貸借契約などの)融資実行のための契約手続きを行い、12月5日にこの融資を実行する」とします。この場合、12月5日が契約日となります。「12月1日に、12月5日付の融資契約を手続きする」と考えるとわかりやすいかもしれません。

融資実行日=契約日とならない場合もある