FP業務
(画像=PIXTA)

住宅の取得や保険の加入、老後資金や教育資金などにまつわるマネープラン。その一般に言われているセオリ―の中には現実に合わなくなってきたものも多い。新旧のセオリーを検証する。

マネープラン相談|住宅・不動産❶

時代は変わった!FP業務の古い常識、新しい常識
(画像=ファイナンシャル・アドバイザー)

住宅金融支援機構の調査によると、2019年度下半期に住宅ローンを利用した人のうち、変動金利型を選択した人の割合は60・2%を占めている(住宅ローン利用者調査〈2020年5月調査〉)。変動金利型の割合は、2013年度から2015年度までは4割前後で推移していたが、2016年度から上昇し始め、2018年度下半期からは約6割に達している(図表)。

時代は変わった!FP業務の古い常識、新しい常識
(画像=ファイナンシャル・アドバイザー)

変動金利型の割合が上昇した要因として、次のような理由が挙げられる。