時代は変わった!FP業務の古い常識、新しい常識
(画像=PIXTA)

マネープラン相談|住宅・不動産⓫

時代は変わった!FP業務の古い常識、新しい常識
(画像=ファイナンシャル・アドバイザー)

地震国の日本では、以前から建物の耐震化が行われてきた。しかし、近年多発している洪水・土砂災害・津波などによる甚大な被害は、建物構造よりも立地によるところが大きい。そのため、住宅選びに際して、災害リスクの低い立地を選ぶ重要性が増している。

2020年8月には宅建業法施行規則が改正され、不動産取引時に水害ハザードマップに基づく説明が義務化された。水害以外の自然災害についても、各自治体のハザードマップで確認することができる。また、国土交通省の「ハザードマップポータルサイト」では、洪水・土砂災害・津波などのリスク情報に加えて土地の特徴・成り立ち・道路防災情報などを重ねて見ることもできる。

交通利便性や生活利便性に優れた立地でも、自然災害で大きな被害を受ければ、その優位性は一瞬にして損なわれる。安心して住むために、また将来のリセールに備えるためにも、災害リスクの見極めは重要である。

マネープラン相談|住宅・不動産⓬