時代は変わった!FP業務の古い常識、新しい常識
(画像=PIXTA)

マネープラン相談|教育資金❶

時代は変わった!FP業務の古い常識、新しい常識
(画像=ファイナンシャル・アドバイザー)

2020年4月から実施された「高等教育の無償化」によって、経済的な事情で大学への進学を躊躇する家庭への教育資金アドバイスが一変した。

住民税非課税世帯(年収約270万円以下)のモデルケースでは、私立大学・自宅外生の例で約91万円もの返済不要の給付型奨学金が支給されるうえに、入学金約26万円および授業料約70 万円が減免される。

年収300万円までならその3分の2が、そして、年収約380万円までなら同3分の1の支援が受けられる(モデル世帯の4人家族の場合の例)。安心して大学進学をさせられる状況となったと言えるだろう。

大学のほうが多い無償化の対象校