時代は変わった!FP業務の古い常識、新しい常識
(画像=PIXTA)

資産運用相談❶

時代は変わった!FP業務の古い常識、新しい常識
(画像=ファイナンシャル・アドバイザー)

「手数料が安いファンドは良い。高いファンドは悪い」という考え方がある。インデックス型同士や、インデックス型とさほど変わらない実績しか残せていないアクティブ型と比較するのであれば理解できる。だが、アクティブ型の中には、インデックス型の実績を大きく上回り、手数料の負担を除いた「トータル・リターン」で評価できるファンドもある。

「トータル・リターンが高いかは事前にはわからない。インデックス型のほうが確実だ」という意見もある。しかし、インデックス型よりも手数料が高いアクティブ型であることを理解したうえで、「ファンドが目指す投資理念」「銘柄選択眼」「これまでの高い実績」に期待して投資するのなら問題はないだろう。