時代は変わった!FP業務の古い常識、新しい常識
(画像=PIXTA)

資産運用相談❺

時代は変わった!FP業務の古い常識、新しい常識
(画像=ファイナンシャル・アドバイザー)

積立投資は、毎月5万円などと定期的・機械的に買い付けていく。「タイミングに悩むことなく購入できる」「資産形成のためには途中売却せずに長く続けることで大きなリターンが得られる」と説明してきた読者も多いだろう。

一括投資で元本100万円を投資した場合、5年後の結果を予想することは難しい。一方、積立投資は、毎月5万円だとすると5年後は元本300万円(毎年60万円×5年)+αになるなど、将来の資産額を具体的にイメージしやすい方法だ。

ただし、積立投資であっても投資当初よりも価値が上昇し、元の価値に戻る過程では評価損を抱えてしまう。割高な投資環境では積立額を減額するとか、積み立てた元本の一部を途中売却することを検討してもよい。

逆に、積立投資で評価損を抱えたときに「現在の投資環境は値下がりして割安な環境になった」と考えるのであれば積立額の増額を検討してみよう。

積立投資でも環境に応じた工夫の余地がある。

資産運用相談❻