時代は変わった!FP業務の古い常識、新しい常識
(画像=PIXTA)

相続・事業承継対策❻

時代は変わった!FP業務の古い常識、新しい常識
(画像=ファイナンシャル・アドバイザー)

相続税納税用に売却予定地を確保しているケースがある。相続が発生した際にはいつでも売却できるように、何も利用しない未利用地や駐車場など、極力他者の権利が付着しないような形態で保有している場合が多いだろう。

従来、納税用地を売却するなら「相続発生後のほうがよい」と考えられていたが、現在では「相続が発生する前に売却したほうがよい」ケースが増えている。以下、その理由等について解説する。

改正で小さくなった譲渡税の圧縮効果