よくある悩みに応える
(画像=milatas /stock.adobe.com)

事業承継に関して、「何も着手していない先からの相談」「後継者に関する相談」「先行きの不安に関する相談」を挙げ、どのように対応すべきかを解説していく。

何も着手していない先からの相談

1.コロナ対応に追われていて事業承継まで手につかない…今の段階では何かすべきなの?

今年4月以降に国内で拡大した新型コロナウイルス感染症は、サービス業をはじめとした多くの企業に影響を与えている。現在に至るまで継続的に資金繰りの対応に追われている経営者は非常に多いであろう。

企業の存続に関わる危機に見舞われ、経営者が事業承継対策を熟慮する余裕を持てない状況は容易に推測される。

このような状況では、金融機関の担当者に求められる役割は極めて重要である。経営者は、目先の資金繰りについてまず金融機関の担当者に相談することが通常であり、担当者が経営者と接する機会は平時よりも増えるためだ。

コロナ下に限った話ではないが、金融機関の担当者が経営者の“身近な相談相手”として、初期相談にどのように対応していくかがより重要になっている。

事業や資金繰りの現状把握から始める