知識ゼロから始める!中小企業のデジタル化支援
(画像=PIXTA)

❶設備資金の融資依頼を受けたらどう対応するか

投資計画で売上見込みを検証し併せて資金繰りへの影響も確認

デジタル化にかかる設備資金の融資依頼を受けた場合、その設備投資によって企業の競争力が向上し、収益が上がるか確認することが前提条件となる。具体的には、デジタル化を行う目的(売上拡大、コスト削減、社内コミュニケーションの向上など)、および設備投資計画の費用対効果などの検証が重要になる。

金融機関の担当者としては、経営者との対話を通じて企業の現状分析や課題把握を行い、設備投資計画の中身を検証する必要がある。本稿では、企業が作成した設備投資計画書(図表)を基に、検証の流れを解説していく。

知識ゼロから始める!中小企業のデジタル化支援
(画像=近代セールス)

計画の根拠を確認し投資の妥当性を検証