経済
(画像=PIXTA)
こんな疑問を感じたことはありませんか?
先の中に証書貸付の返済で資金繰りが苦しい製造業があります。短期継続融資を活用すればどんな資金繰り効果が見込めますか。また、短期継続融資の提案を行う際にはどんな点に注意すればよいでしょうか。

本連載で何度か触れてきたように、取引先の資金繰り支援に効果的な手段の1つが「短期継続融資」だ。元金の返済のない、利息のみを支払う手形貸付等のことで、仕入れから現金回収までの収支ズレを埋めるのに適した融資である。

今回は、改めてこの短期継続融資の活用効果と、提案時の留意点を紹介したい。

証書貸付がある製造業で見ると…