経済
(画像=PIXTA)

Q ファンドの基準価額が大きく動いたとき、長期・分散投資を行うお客様にどんなアドバイスが必要ですか。

「長期・分散投資」はまさに運用の王道である。この「長期・分散投資」を踏まえて投資信託を購入したお客様に対して、担当者は適切なアフターフォローを行うことができているだろうか。マーケットが大きく動いた場面でも「しばらく様子をみましょう」としか言っていないことはないか。

基準価額が下がった投資信託を持つお客様の中には、半ば塩漬けのような状態で基準価額の回復を待ち、価額が戻ると「やれやれ」と安心するということを繰り返している人も少なくないだろう。

また、保有する投資信託の基準価額が上がった場合にも、そのまま何もせずに保有し続けていると、その後下がってしまったときには利益を得ることができない。

このように「ただ資産を分散して投資信託を保有し続けるだけ」の運用では、せっかくの分散投資の効果を発揮できないのだ。

下落時も上昇時も適切なリバランスを