学校
(画像=PIXTA)

地方創生につながる廃校活用に業界の関心も高まる。

京都銀行は2020年10月23日と11月20日、廃校等への進出を考える企業関係者を集めて、京都府福知山市内の廃校をバスで回る「福知山市『廃校』マッチングバスツアー」を開催した。その取組みは地方創生につながるだけに、注目を集めている。

そもそも京都銀行は、20年8月に福知山市と「公民連携促進に関する協定」を締結。まちの魅力や活力を引き出す取組みを一緒に考えたり、福知山市と事業者とのマッチングを実施したりしている。

今回の「廃校」マッチングバスツアーは、事業者マッチングの1つとして企画されたもの。企業が実際に活用している廃校や受入可能な廃校をバスで見学し、「福知山市に進出したい」と言う企業があれば、京都銀行が福知山市とのマッチングを仲介する。もちろん参加費用は無料だ。

ツアー参加者は京都銀行が取引先などに幅広く呼びかけた。定員30名(各15名)に対し、120名を超える応募があったという。

実際に廃校を利用する事業者の話も聞く