ポイント
(画像=PIXTA)

公的年金の受給が始まる段階になると、多くの方が、それまで勤務先から給与を受け取っていた口座を指定するケースが少なくないと思われます。

長年同じ会社に勤務してきたようなケースでは、勤務先に近い場所にある、その勤務先の取引先金融機関に指定されることが多いようです。

結果として、「退職後は自宅から遠い場所に年金受取口座がある」という状況が発生することになります。ただ、お金の引出しはコンビニのATMなどでもできるので、さほど不便を感じないことが多いのではないでしょうか。

そのようなお客様が、自宅に近い金融機関であるあなたの勤務店舗にたまたま来店したような場合に、「年金はどちらの金融機関で受け取られていますか? そちらがご自宅より遠いなどご不便等ございませんか?」と声をかけて、自行庫での年金受取りを促すだけでは、そのお客様にとっては、あまりメリットを感じられないのではないでしょうか。残念ながら、それが実態でしょう。

お客様のお役に立つような情報提供を行う