アメリカ住宅
(画像=PIXTA)

低金利や新型コロナウイルスの感染拡大による特需も追い風に米国の新築・中古住宅販売戸数が高水準に達している。住宅販売は個人消費にもつながるだけに、米国景気は当面底堅く推移しそうだ

米国ではいま、住宅が売れに売れている。2020年10月の実績に基づく年換算値で新築一戸建てと中古を合わせた販売戸数はおよそ785万戸(新築約100万戸、中古約685万戸)と、住宅バブルにわいた06年以来の高水準に達している。