コロナ,経済
(画像=PIXTA)

コロナ融資は、開始当初はスピード重視で十分な審査なく実行された。取引先は、初回のコロナ融資申込時にここまでコロナ禍が長期化するとは予想していなかっただろう。売上回復の足は鈍く、固定費の支払いや既存借入金の返済で資金が流出し、コロナ融資を再び必要とする取引先が増えると見られる。

二度目の融資では業況や財務内容の悪化が予想されるため、金融機関は慎重に対応する必要がある。そこで取引先の経営状態を把握するために重要なのが試算表だ。

コロナ前の決算書では実態と差がある可能性