コロナ,経済
(画像=PIXTA)

【ケース2】初回融資時に作った事業計画を実行せず赤字になり追加融資を申し込んできた取引先

改善策を行わなかった要因を確認し厳格なモニタリングを条件に対応

本ケースは、最初のコロナ融資を受けた際に作成した事業計画が「絵に描いた餅」になってしまった事例だ。残念だが、このような取引先の経営者は危機意識に乏しいと言わざるを得ない。経営改善が進まない原因を「外部環境や他人のせい」にする傾向があるうえ、同じ失敗を繰り返す。

約束を守れないなら、継続的な信頼関係は築けない。本来であれば、金融機関は直ちに取引の解消に動くべきだろう。

しかし、コロナ禍が発生しているこの時期に、金融機関のほうから取引を縮小していけば、波風を立ててしまうおそれもある。二度目のコロナ融資を実行するには、どんな対応が必要か考えていこう。

初回融資時に比べて踏み込んだ計画策定も