コロナ,経済
(画像=PIXTA)

【ケース3】コロナ禍発生前から業況が悪化しており初回融資後も回復せず債務超過に陥った取引先

特例リスケ制度で時間を作り協議会に再生可能性を見極めてもらう

以前から業況が厳しく、コロナ禍によって売上がさらに減少したという取引先は多い。

このような取引先も、コロナ融資を受けて足元の資金繰り危機を一時的に乗り切ってきた。ただし、元々経営が厳しいので再び資金繰りが悪化してしまい、債務超過に陥ってコロナ融資申込みに至ることもある。

特例リスケを活用し1年間の猶予を作る