コロナ,経済
(画像=PIXTA)

Q 複数の金融機関から融資を受けている取引先があり、毎月の資金繰りに困っている状況が見受けられます。そこで、当行での借換え・肩代わり提案を行いたいのですが、どのような点に気をつけて進めればよいのでしょうか。

A 新型コロナの影響など急激な外部環境の変化によって一時的に資金繰りが厳しくなっている取引先は、不足する資金を新規借入でカバーすることが多い。

資金不足が発生する都度、新規借入を繰り返していると、毎月の返済負担が重くなり、本業で稼ぎ出すキャッシュフローよりも返済額のほうが大幅に多いという場合も少なくない。

このようなケースにおいて、他行庫の肩代わりも含めて借換提案を行う際のポイントを確認しよう。

キャッシュフロー内に返済額が収まるか