金融,営業
(画像=PIXTA)

「プライスレスの価値」の再発掘こそが経営改善の糸口になる

私が所属する板橋区立企業活性化センターには、多くの経営改善案件が持ち込まれる。すでに改善計画を実施したものの業績が回復しない企業、金融機関も打つ手がなくなってきた企業などの改善案件だ。

じっくりと話を聞いてプライスレスの価値を発見

そんな企業の経営者を見ると、「ほかの支援機関と同じように悪い部分を指摘するだけだろう…」と心が凍っているのが分かる。そのため当センターでは話を徹底して「聞く」ことにしている。改善策の質問は最低限にし、経営者が辿たどってきた道、得意分野、事業に対する思い——時には2時間以上も話をするが、私たちはその中で財務諸表には表れない「プライスレス」の価値の発掘に努める。