金融,営業
(画像=PIXTA)

Q 投資信託の仕組みや用語についてなかなか理解できません。お客様に分かりやすく説明できるようになりたいのですが、どのように勉強したらいいのでしょうか。

投資信託について勉強する際、①交付目論見書または販売用資料→②月次レポート→③用語解説集や公開されている一般社団法人投資信託協会の『わかりやすい投資信託ガイド』、およびそれに類似するもの――の順に資料を読むと腹落ちしやすい。

実際の手順は以下のとおり。まずは、自行庫で扱っている顧客保有残高の多い商品を1つ選び、①交付目論見書または販売用資料の全ページに目を通す。その際、分からない用語等には印をつけ、そこは飛ばして読み進める。

次に、②月次レポートで基準価額の推移グラフを確認しつつ、全体を読む。このときも分からない用語には印をつけ、飛ばして読む。

そして最後に③用語解説集や『わかりやすい投資信託ガイド』等を読みながら、①②で分からなかったことについて学習する。

「分からない」経験を活かしていこう