金融,営業
(画像=PIXTA)
今回の質問
家族に財産の管理を任せられる「家族信託」の利用を検討するお客様が増えています。家族信託はどんな仕組みで、利用するとどのようなメリットがあるのですか。実際にどのような活用方法があるのかについても教えてください。

前回は、財産管理対策の1つとして成年後見制度を紹介した。今回は最近注目されている家族信託を紹介する。

家族信託とは、営利を目的とせずに家族に財産管理の権限を移し、管理してもらう仕組みのこと。家族信託は委託者(財産を委託する)、受託者(財産を管理する)、受益者(利益を得る)の三者で成り立っている。

例えば、父が長男に財産管理を任せたいとしよう。この場合、まず信託契約書を作成する。次に信託された財産の名義は受託者(長男)に変更されるが、長男は自身の個人財産とは分けて管理しなければならない。そのため、名義変更も通常の名義変更とは異なる点に注意が必要だ。

例えば、不動産なら所有者が父から長男に変更されるが、実際は所有権のうち管理する権利が長男に移り、財産を得る権利は父に与えられる。不動産登記簿上にもその旨が細かく記載される。

金融資産についても、管理用の口座を銀行で新たに開設し、管理することになる。

受託者が主導して財産を処分できる