金融,営業
(画像=PIXTA)

融資の契約前など、対象となる不動産の状態を確認するために現地を訪問することがあります。ここで確認する際のポイントはありますか。

どの金融機関でも、融資担当者は審査の際に不動産の有無や概要などを現地で確認することが多いだろう。不動産業者も現地に足を運んで不動産を様々な観点で見ており、その要素は融資審査にも共通するので押さえておくとよい。担保として適正な価値があるのかを把握したり、稟議書で説明したりする際に役に立つはずだ。

確認するポイントは、居住用、収益用、その他の不動産ごとに、①現状、②適法性、③権利関係、④維持管理――の4点だ。どれも概要をつかむ程度でよく、詳細な情報が必要な場合は不動産業者等に確認して把握しよう。

カーテンや照明などで居住状況を確かめよう