経済
(画像=PIXTA)

「通知」を契機に考えたい経営者保証ガイドライン活用のススメ

取引先企業の代理人を務める弁護士からの「(受任)通知」と聞いて、前向きな印象を持つ担当者は少ないだろう。多くの場合、取引先や経営者との取引の終焉を意味するからだ。通知内容が破産となれば直接の情報提供はなくなり、信頼関係は一気に瓦解する。

契約・見直しだけでなく債務整理でも活用可能