「投資を始めよう!」と思っても、何から始めればいいかわからない人も多いだろう。

この記事では、これから投資を始める初心者が知りたい内容をわかりやすく解説していく。投資というと、難しく感じる人も多いが、実はポイントを押さえれば初心者でも利益を出すことができる。まずは基本的な投資の知識を身につけよう。

菅野陽平
監修者・菅野陽平
日本最大級の金融webメディア「ZUU online」編集長。株式会社ZUUM-A取締役。経営者向けメディア「THE OWNER」編集長。幼少期より学習院で育ち、学習院大学卒業後、新卒で野村證券に入社。リテール営業に従事後、株式会社ZUU入社。メディアを通して「富裕層の資産管理方法」や「富裕層になるための資産形成方法」を発信している。自身も有価証券や不動産を保有する個人投資家でもある。プライベートバンカー資格(日本証券アナリスト協会 認定)、ファイナンシャルプランナー資格(日本FP協会 認定)保有。編集著書に『富裕層・経営者営業大全』(一般社団法人金融財政事情研究会、2020年7月31日発売)

目次

  1. 初心者でも投資を始めて大丈夫?
    1. リスクの低い投資商品もある
    2. 銀行で始める資産運用
  2. 初心者が投資で利益を出す2つのポイントとは?
    1. 初心者の投資のポイント1.分散投資
    2. 初心者の投資のポイント2.長期投資
  3. 資産運用の種類はたくさんある
  4. 初心者におすすめの投資1.投資信託
    1. 投資信託とは?仕組みを簡単に解説
    2. 投資信託のメリット:分散投資&長期投資が叶う
    3. 投資信託のデメリットとリスク
  5. 初心者におすすめの投資2.定期預金
    1. 定期預金とは?仕組みを簡単に解説
    2. 定期預金のメリット:元本保証
    3. 定期預金のデメリットとリスク
  6. 初心者にはリスクが高い投資
    1. 株式投資やFXはハイリスクハイリターン
    2. 外貨建て商品は為替レートが影響する
  7. 投資初心者が知っておきたい優遇制度
    1. iDeCo
    2. つみたてNISA
  8. 投資初心者のモデルケース
    1. 投資初心者Aさんの成功事例
    2. 投資初心者Bさんの失敗事例
  9. 初心者が投資で成功するポイント
    1. 商品選びが大事!
    2. 余裕資金で投資する
  10. 自分に合ったスタイルで投資を始めよう

初心者でも投資を始めて大丈夫?

投資
(画像=rifotolia/stock.adobe.com)

初心者の場合、「投資で損をしないか?」というのが一番気になる点だろう。まずは初心者が投資を始める時の考え方について簡単に解説する。

リスクの低い投資商品もある

ひとくちに投資商品といっても、たくさんの種類がある。すべての投資商品がハイリスクというわけではなく、中には低リスクの商品もある。リスクの程度は、投資商品によって変わる。まず初心者にとって大切なのは、リスクの低い投資商品が何かを知り、低リスクの投資からスタートすることだ。

なお、投資におけるリスクはリターンと表裏一体だ。低リスクの商品は、損をするリスクは低いが、大きなリターンを得られる可能性も低い。逆にハイリスクな商品は、損をするリスクも高いが、大きなリターンを得られる可能性がある。

この点を理解し、まずは低リスクの投資商品で経験を積み、投資に慣れてきたらハイリスク商品にも挑戦するといいだろう。

銀行で始める資産運用

投資というと、証券会社を思い浮かべる人も多いだろう。しかし、初心者の場合はまず銀行で投資を始めるのも選択肢の一つとして検討するといいだろう。

証券会社では数多くの投資商品を取り扱っており、中にはハイリスクな投資商品も含まれている。初心者のうちに多くの情報に触れると、混乱してしまい、適切な商品選びができない可能性がある。

「最初は低リスクの投資商品から始めよう」と決意していたとしても、選択肢が多いと迷いが生じてしまうものだ。その結果、大きく損失を出して投資の継続を断念せざるを得なくなることもある。

その点、銀行は投資信託などの投資性の高い商品だけでなく、円預金や定期預金などのリスクの低い商品まで幅広く扱っており、投資初心者にとっては、より手軽に投資が始められるだろう。

初心者が投資で利益を出す2つのポイントとは?

つづいて、初心者が投資で利益を出すための2つのポイントを紹介する。

1つ目のポイントは分散投資、2つ目のポイントは長期投資だ。初心者は、この2つを押さえて資産運用を始めることをお勧めする。

初心者の投資のポイント1.分散投資

初心者が投資を始める際に、まず考えたいのが「分散投資」だ。分散投資とは、投資先をひとつの商品に限定せず、値動きの異なる複数の商品に分散させる投資手法のことである。

分散投資が重要なのは、投資している商品が大幅に値下がりした時のリスクを減らすためだ。

投資の世界には「卵をひとつのかごに盛るな」という格言がある。もしすべての卵をひとつのかごに盛っていたら、かごを落とすとすべての卵が割れてしまう。

同様に、投資先をひとつだけに絞っていた場合、資産運用の成果がすべてひとつの商品の値動きに左右されてしまうだろう。そこで、ひとつの投資商品が値下がりしてもほかの商品でカバーできるよう、分散投資をすることが大切だ。

複数のかごに卵を盛っていれば、ひとつのかごを落としても残りの卵は無事だ。同じように、投資でも分散投資をすることで、短期的な値動きによるリスクを回避できる可能性がある。

初心者の投資のポイント2.長期投資

初心者が投資を成功させるには、長期的に運用を行い、時間を味方につけることが大切だ。

長期投資なら、複利効果が期待できる。複利効果とは、投資で得た利益を元本に上乗せし、元本を毎年増やすことで、資産運用の効率が上がることをいう。10年、20年と運用期間が長くなることで、数百万円の差がつくこともある。

ただし、投資である以上、必ずプラスの効果が出るとは限らない。資産価格の下落リスクがある商品については、結果的に損をしてしまうリスクがあることは理解しておきたい。

長期投資は短期投資と異なり、細かな値動きを注視して一喜一憂する必要がない。そのため、仕事や家事で忙しい人にとっても、選択しやすい投資方法だ。

資産運用の種類はたくさんある

資産運用には、たくさんの種類がある。代表的な資産運用の種類を以下に記載した。

投資初心者なら、すべてを理解する必要はない。次の章からは投資初心者におすすめの投資を紹介していくため、まずは全体を把握するつもりで軽く読み流してほしい。

 投資信託  1つの商品を買うことで、国内外の株式や債券に分散投資できる。
 定期預金  一定期間銀行にお金を預けることで、普通預金より高い金利で利息を受け取れる。
 保険  万が一の時の保障を備えつつ、解約時や満期時には解約返戻金や満期金を受け取れる。
 株式  企業が資金を集めるための証券で、企業が成長し株価が上がれば、売却益を狙える。
 債券  国や地方公共団体などにお金を貸すことで利息を受け取る。
 FX  通貨の売買を通じて為替差益を狙う。
 ETF  上場している投資信託。流動性が高いことが特徴。
 REIT  不動産の投資信託。少額から不動産に投資できる。
 不動産投資  不動産を所有し、第三者に貸すことで地代や賃料を得る。
 外貨預金  日本円を外貨に換えて保有し、高い金利で利息を受け取る。
 ソーシャルレンディング  企業にお金を貸し付け、高い利息を受け取る。
 先物取引  将来の決められた日にある商品を決められた価格で売買する約束をする取引。
 仮想通貨  日本円を仮想通貨に換えて保有し、仮想通貨の価値が上がれば売却益を狙える。

投資商品によって、リスクの大きさは異なる。初心者の場合、リスクの大きな投資は避け、リスクの低い投資からスタートすることが何より大切だ。

初心者におすすめの投資1.投資信託

初心者におすすめの投資方法のひとつが「投資信託」だ。ここからは、投資信託の仕組みやメリット・デメリットを詳しく見ていこう。

投資信託とは?仕組みを簡単に解説

投資信託とは、複数の投資家が出資した資金を運用の専門家が取りまとめて投資・運用する投資商品のことだ。専門家が投資信託の運用を行い、投資家は運用成績や投資額に応じて分配金を受け取れる。

投資信託のメリット:分散投資&長期投資が叶う

投資信託のメリットは、購入するだけで自動的に分散投資ができることだ。投資信託では、投資家から集めた資金を、専門家が国内外の株式や債券などに投資して運用する。そのため、投資信託を1つ購入するだけで、間接的に複数の投資先に分散投資していることになる。

また、投資信託は長期投資に向いている投資商品だ。1万円など少額からスタートできるため、家計状況に応じて投資信託を少しずつ買い増していくといいだろう。運用をプロに任せられるというのも大きなメリットと言える。

投資信託のデメリットとリスク

初心者にとってメリットの多い投資信託だが、あくまで投資である以上、損をしてしまうリスクもある。専門家が運用するからといって、必ずしも利益が出ると保証されているわけではない。時には運用に失敗し、投資信託の評価額が下がってしまうこともある。

投資である以上、元本割れのリスクがあることには注意しておきたい。

とはいえ、評価額が下がり含み損が発生したとしても、現金化しなければ損失は確定しない。評価額が下がったからとあわてて現金化すると、かえって損失を確定させてしまうことがある。含み損が発生しても、状況を見極めてぐっと耐えれば、再び評価額が上がることもある。

評価額が下がった時ほど、慎重な判断をするようにしたい。

初心者におすすめの投資2.定期預金

元本割れをどうしても防ぎたいという場合は、定期預金を選ぶのもひとつだ。ここからは、定期預金の仕組みとメリット・デメリットについて詳しく解説する。

定期預金とは?仕組みを簡単に解説

定期預金とは、一定期間払い戻しをしないという条件のもと、普通預金よりも高い金利で銀行に資産を預けられるサービスだ。預け入れ期間は一般的に1カ月~10年程度で、申し込む銀行や預け入れ期間によって金利は変わる。

インターネットを通じて手続きしたいと考えているなら、「インターネット取引専用預金」の定期預金サービスを活用したい。自宅にいながらにして定期預金を始めることができ、手続きなどでわからないことがあれば、電話でも相談できる。

定期預金のメリット:元本保証

定期預金のメリットは、元本保証で資産を預けられることだ。しばらく使う予定のない資産を、普通預金より高金利で預けたい場合に向いている。

また、満期になるまでは自由に資産を引き出せないため、将来のための蓄えをうっかり使い込んでしまう心配がないのもメリットといえるだろう。

定期預金のデメリットとリスク

定期預金のデメリットは、預け入れた資産を自由に引き出せない点と、運用効率がほかの投資商品と比べるとよくない点だ。定期預金は損失を出す心配がない分、リスクのあるそのほかの投資方法と比べて得られるリターンも少なくなる。

また、定期預金のリスクとして、資産を預けている金融機関が破たんする可能性が考えられる。ただし、現在日本では「預金保険制度(ペイオフ制度)」が設けられており、万一金融機関が破たんした場合、元本1,000万円までと破たん日までの利息等が保護される。

そのため、ひとつの金融機関に預け入れる金額を最高1,000万円までにとどめておけば、破たんについてそれほど心配する必要はない。

初心者にはリスクが高い投資

ここまで、低リスクで初心者でも投資やすい投資商品を紹介してきた。逆に、初心者にとってリスクが高い投資商品は何なのか。つづいては、初心者に向かないリスクの高い投資を紹介する。

株式投資やFXはハイリスクハイリターン

株式投資やFXは、ハイリスクハイリターンな投資方法として知られている。株式投資とは、資金を必要としている株式会社が発行する株式を、個別に購入する投資方法だ。株式を購入した会社が大きく成長すれば、高額なリターンを得られる可能性がある。

しかし、株価は国内外の景気や社会情勢の影響を受けやすい。加えて、投資先企業の業績によっては、大きな損失を出す可能性もある。

FXは、2種類の通貨を売買し、為替差益を狙う投資方法だ。FXにはレバレッジという仕組みがあり、預けた証拠金の数倍、数十倍の金額分の取引ができることが特徴である。

レバレッジを活用すれば、10万円の証拠金で数百万円単位の取引を行うことも可能だ。期待できるリターンが大きい一方で、ほんのわずかな為替変動でも大きな損失を出してしまう可能性がある。

投資を始める以上、大きなリターンを狙いたくなるのは当然だが、リターンの大きさはリスクの大きさに直結する。そのことをよく理解し、一定の投資経験を積んでから株式投資やFXを始めることが大切だ。

外貨建て商品は為替レートが影響する

外貨預金や外貨建ての保険、外国株式、外国債券、FXといった外貨建て商品は、為替レートの影響を受ける。

わかりやすくいえば、1ドル100円の時に100万円をドルに両替すると、1万ドルが手に入る。その後、1ドルの価値が90円になれば、1万ドルは90万円分の価値しかなくなる。このように、為替レートは投資の効果に大きな影響を及ぼすため、注意が必要だ。

外貨建て商品は、商品そのものの値動きだけでなく、購入・売却時の為替レートも考慮しながら運用しなければならない。投資の情報収集の難易度も上がるため、初心者は投資信託などを通じて間接的に外国の投資商品に投資するのが望ましい。

投資初心者が知っておきたい優遇制度

投資を始めるなら、節税効果を得られる優遇制度の利用を検討したい。ここでは、代表的な優遇制度である「iDeCo」と「つみたてNISA」を紹介する。

iDeCo

iDeCo(イデコ)とは、自分で掛け金を支払って運用する個人型確定拠出年金のことだ。公的年金だけではまかないきれない老後の生活への備えとして、20歳以上60歳未満の人が加入できる。60歳を超えたら、運用成績に応じた年金を受け取れる。

iDeCoのメリットは、掛け金が全額所得控除でき、節税効果が大きいことだ。年収が高く税率が高いほど、iDeCoのメリットは大きくなる。

一方iDeCoのデメリットとして、積み立てた資産が原則として60歳まで受け取れないという点がある。また、運用成績によっては資産が元本割れするリスクもある。長期間資金がロックされる点については、慎重に判断するようにしたい。

つみたてNISA

つみたてNISAは、年間40万円までの投資で得た利益が、最長20年間非課税になる制度だ。通常、投資で得た利益には20.315%の税金がかかるが、つみたてNISAを利用すれば最長20年間は税金を支払う必要がない。

ただし、つみたてNISAは、投資対象商品が要件を満たした一部の投資信託に限られる。また、つみたてNISA口座で損失が出ても、ほかの課税口座との損益通算ができないといったデメリットもある。つみたてNISAを始めるなら、デメリットもよく考慮した上で判断することが大切だ。

投資初心者のモデルケース

次に、投資初心者の成功事例と失敗事例を、AさんとBさんのモデルケースをもとに見ていこう。

投資初心者Aさんの成功事例

30代後半のAさんは、老後資金に不安を感じたことをきっかけに投資を始めた。生活費と臨時費用は確保した上で、余裕資金で投資信託を購入した。投資信託を選んだのは、少額から投資でき、分散投資と長期投資が叶うからだ。

投資信託の運用が好調だったため、Aさんは少しずつほかの投資信託も購入し始めた。一時的に値下がりしたこともあったが、辛抱強く耐えていると、再び値上がりした。

長期間投資することで、Aさんは最終的に数百万円のリターンを手にした。

投資初心者Bさんの失敗事例

20代後半のBさんは、老後への備えが重要というニュースをみて、銀行窓口ですすめられるままにiDeCoを購入した。生活に余裕がない中で、なんとか購入を続けていたが、生活費が足りなくなったため、iDeCoで積み立てたお金をやむなく取り崩そうとした。

しかし、iDeCoは60歳まで原則として資金を引き出すことはできない。説明をしっかり聞いていなかったBさんは動転し、投資を後悔した。その後は、投資を一切せずに、すべて普通預金に預けているが、毎年受け取れる利息はわずかだ。

初心者が投資で成功するポイント

成功事例・失敗事例には、投資で成功するポイントが詰まっている。最後に、初心者が投資で成功するために押さえておきたいポイントを2つ紹介する。

商品選びが大事!

初心者が投資で成功するためには、商品選びが何より重要だ。知識や経験が十分でない段階で、いきなりハイリスクハイリターンの商品を選んだり、やみくもにたくさんの商品に手を出したりすると、始めてすぐに資産に大きな損失を出してしまいかねない。

そのため、まずは投資信託のようなリスクの低い商品を選び、投資経験を積み重ねていくことが大切だ。

余裕資金で投資する

投資は、余裕資金で行うのが基本だ。余裕資金のとらえ方は人によってさまざまだが、「万一無くなっても生活に影響が出ないお金」と考えておくといいだろう。

余裕資金は、現在の貯蓄額から生活防衛資金を引いた金額と考えることもできる。生活防衛資金とは、病気や失業などで突然収入が途絶えた場合に、一定期間(3カ月~1年程度)生活を維持するために必要な資金のことだ。

余裕資金で無理のない投資を継続すれば、将来的に大きなリターンが得られる可能性があり、老後の不安をはじめとした人生のさまざまな不安が払拭されるだろう。

自分に合ったスタイルで投資を始めよう

ここまで、投資の基本的な知識について述べてきた。

初心者の場合、まずは低リスクの投資商品から始めるのがいいだろう。投資で利益を出す際には、分散投資と長期投資という目線が大切だ。今回は具体的な投資商品として投資信託と定期預金を挙げたが、それぞれにメリット・デメリットがあるため、購入する場合は今一度内容を確認しておこう。

また、「iDeCo」や「つみたてNISA」といった節税効果を得られる優遇制度の利用も頭に入れておきたい。加えて、資産運用にはさまざまな種類があるため、自分に合う商品を選ぶことが大切だ。余裕資金を活用し、無理のない範囲での投資を継続してほしい。