接客
(画像=PIXTA)

若手担当者でも可能な案内・お手伝いの内容と実践法を解説します。

ケース5
個人ローンを利用中のお客様

フリーローンは用途の自由度があり顧客ニーズも高いですが、お客様の多くが金融機関のフリーローンの利便性の高さを知らないことが多いです。利用する際は審査や手続きという煩雑さはありますが、金利面のほか給与口座として利用する口座からの返済の場合、クレジットカード等より資金移動等の手間が省けるなどの優位性があります。

現在、自行庫でフリーローン契約のあるお客様は優位性を理解しているため、新たなニーズと返済能力によってはローン枠の利用を勧奨することも可能です。

新型コロナの影響により売上が落ち込み収入が減少したというお客様には、フリーローンを用いたアプローチが有効です。

リモートワークの普及で在宅のためのインフラ整備も個人支出につながり、在宅時間の増加により資格取得を目指すお客様も増加しています。ITインフラ費用や学費等、「在宅」をキーワードとしてお客様にフリーローンを活用してもらうことが一案となります。

既存分のおまとめ提案も有効