男性社員
(画像=PIXTA)

お客様のどんな言動を拾い、担当者としてどう動けばよいのかを解説します。

アナログとデジタルのハイブリッドが有効

アフターコロナでは、テレワークなどの働き方もZoomなどを使った会議の仕方や商談、ペーパーレス、印鑑の廃止など事務の仕方も大きく変化します。というよりも、日本の社会が大きく変わろうというタイミングで新型コロナウイルス感染症の拡大が起こり、それを加速させています。

5G、DXという言葉を聞かない日はありませんし、SDGsの価値観を共有しないかぎり、ビジネスは成り立たなくなっています。にもかかわらず「コロナが終われば元に戻る」と考えていたとしたら、その企業は、世の中の動きから取り残されます。

「デジタル化については、どのようにお考えですか」「ネットを使った販売戦略などはお考えではありませんか」といった質問で、それを炙り出します。そのうえで先輩に有効な提案内容について聞けばよいのです。