ポイント
(画像=PIXTA)

在留外国人から投資信託の購入依頼があった場合、何に留意すればよいですか?

バンクビジネス
(画像=バンクビジネス)

在留外国人との間で投資信託等の金融商品取引を行う場合、外国人にも金融商品取引法が適用されますので、金融機関は金融商品取引業としての措置を講ずる必要があります。その際には外国人特有のリスクを踏まえ、特に「契約締結前交付書面および契約締結時交付書面の交付」や「適合性の原則」等に留意します。

契約締結前交付書面および契約締結時交付書面は、通常日本語で記載されていると思いますが、日本語の理解が十分でない外国人の場合、内容をきちんと理解できない可能性があります。後日の「書面は読んだが内容を理解していなかった」というクレームを避けるために、日本語を十分に理解することができるかの確認が重要です。