国際交流
(画像=PIXTA)

65歳で請求手続きが必要なことをご存じですか?ハガキは届いていますか?

老齢厚生年金は、本来老齢基礎年金とともに65歳から受給が始まります。しかし、昭和36年4月1日以前に生まれた男性、昭和41年4月2日以前に生まれた女性で、1年以上の厚生年金保険加入歴があり、老齢基礎年金の受給資格期間(10年)があるなどの一定条件を満たす人は、その生年月日に応じて65歳よりも前から「特別支給の老齢厚生年金」を受け取ることができます。

この年金を受け取っている人の中には「65歳になると老齢基礎年金と老齢厚生年金の受給が自動的に始まる」と思っている人が多いようです。しかし実際には、受取りのための新たな手続きが必要となります。制度上「60歳前半から支給される特別支給の老齢厚生年金」と「65歳以降支給される老齢厚生年金」は別のものなので、別々の請求手続きが必要となっているのです。