事例でわかる! コロナ下の営業店OJT
(画像=PIXTA)

個性に合わせた指導を心がけ時には若手に「託す」ことも大切

2020年、一大ブームを巻き起こしたマンガ『鬼滅の刃』。主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)をはじめとする人間が「鬼」と呼ばれる不老不死の敵に挑むストーリーは、多くの人の心を捉えた。

この強大な敵に立ち向かっていく炭治郎たちのひたむきな姿を教科書とし、自分を成長させる心構えを説く書籍が『「鬼滅の刃」流 強い自分のつくり方』(アスコム刊)だ。著者である井島由佳氏は大東文化大学でキャリア心理やマンガ心理を研究する。

鬼滅の刃に登場するキャラクターの生き方やセリフは、マネジメントやOJT指導を行ううえでも参考になるという井島氏。鬼滅の刃を踏まえた人材育成のポイントを伺った(以下、敬称略)。

井島由佳
井島由佳(いじま ゆか)
大東文化大学社会学部社会学科助教
心理・キャリアカウンセラー
1970年東京生まれ。東京家政大学大学院家政学研究科人間生活学専攻修了。博士(学術)。専門はマンガ心理学、教育心理学、キャリア心理学。CDA、産業カウンセラー。ライフキャリアやマンガに関する研究を行う

「再起力」が高いキャラクターが満載