金融,ビジネス
(画像=PIXTA)

新型コロナの影響が長引く中、金融機関の担当者には資金繰り支援だけではなく、本業支援も同時に行うことが求められている。そこで以下では、本業支援を行う担当者の悩みを挙げ、ポストコロナを見据えた支援につなげるポイントを紹介する。

Q 日々忙しい社長に未来のことも考えてもらうにはどうすればいい?

A 未来への影響を意識した提案でいまの経営課題の改善を促して信頼を得よう

コロナ下、経営者は日々「自分や会社がどうなるか」という目先のことを考えている。もちろんこれも大切なことだが、本業支援につなげるため、金融機関の担当者には「未来」を見据えてアドバイスを行うことが求められている。そこで重要になるのが、「1年後や将来、こうした効果があるから、いまここ(決算内容など)を見直そう」という、未来から逆算して提案する視点だ。

企業の将来に焦点を当てた支援を