金融,ビジネス
(画像=PIXTA)

有事の評判を左右するお客様との日頃の接し方を見つめ直してみよう

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない。それでも金融機関は営業店窓口を開けなければならず、感染対策に苦慮していることだろう。

私の勤務地周辺では、いくつかの銀行の支店で感染者が出てしまった。驚いたのは、近隣住民から聞こえてきた話だ。

「A銀行でコロナの感染者が出たんですって。でもあの銀行なら大丈夫ね」「B銀行も出たらしい。もう(経営が)危ないんじゃないかな」など、感染の規模にそれほど差がないのに評価が分かれていた。よくよく聞くと、A銀行は普段から明るく対応も良いが、B銀行は殺伐とした雰囲気で対応が事務的だという。

いざというときの風評は、普段のイメージで大きく変わってしまう。金融機関の営業店は、日頃からお客様との接し方に気を配ることが重要だ。

業績に影響を与える顧客エンゲージメント