新型コロナウィルスによる自粛生活は、多くの人が自身の健康について考えるきっかけにもなったようです。自宅にいる時間が多くなり、「巣ごもり」によるデメリットを感じる人も多いと考えられますが、コロナ禍のいまこそ生活習慣を改善するチャンスともいえるでしょう。

コロナの影響で健康意識が高まっている

生活習慣,改善
(画像=PIXTA)

明治安田生命保険相互会社が行った「健康に関するアンケート調査」 をみると、コロナ禍の自粛生活で健康を意識する人が多くなったことがわかります。「ステイホーム・コロナ禍でより健康意識が高まったか」との問いに対し、45.1% と約半数の人が「健康意識が高まった」と答えています。

Q どのような健康意識が高まりましたか(複数回答)

 食事・栄養に気を配るようになった  50.9%
 運動を心がけるようになった  35.3%
 ストレスをためないように心がけるようになった  22.8%
 お酒の量を減らすようになった  6.0%
 睡眠時間を意識して取るようになった  5.6%
 喫煙の量を減らすようになった(禁煙をはじめた)  4.1%
 特にない  1.1%

出典:明治安田生命保険相互会社

どのようなことに意識が高まったかについては、「食事・栄養に気を配るようになった」が50.9% 、「運動を心がけるようになった」が35.3%という結果になっています。

コロナの影響による自粛生活で多くの人が気になったのは「運動不足」ではないでしょうか。とくに仕事がテレワークに変わった人は、往復の通勤もなくなり、歩く機会はかなり少なくなったことでしょう。また、思うように外出できないこともストレスになります。ストレスをためないように心がけている人が多いことも現状では頷けるものがあります。

ジムへの支出が減る一方で増える健康関連支出も

同じ調査によると、健康に関連する支出にも変化がみられます。「健康増進のために支払っている費用」は全体で平均月5,051円 となっています。これは前年との比較では1,699円の減少となります。その分、コロナ対策に月1,723円支払っているので、差し引くとほぼ同程度の出費額と考えてよいでしょう。

減った支出では「スポーツジムの利用料」(-583円)、「サッカー・フットサル」(-506円)、「ヨガ」(-422円)と、スポーツ・運動関連の支出減が目立ちます。まさに自粛の影響が出た顕著な例といえます。一方で増えた支出では、「健康アプリ等の利用料」が+1,080円とダントツの1位になっています。コロナ禍によって、アプリで手軽に健康状態をチェックしたい人が増えているのが要因と思われます。

これまでスポーツジムでコンディションを維持することが代表的な健康投資でしたが、健康に関連する投資もコロナ禍で変化したことがアンケート結果からみてとれます。

コロナを契機として正しい健康習慣を

アンケート調査にもあるように、コロナを契機として正しい健康習慣を身に着けることが大事です。健康習慣について浮かんできたキーワードとしては、「食事」「運動」「ストレス」「睡眠」「酒・タバコ」が挙げられます。

食事については外食する機会が減ったので、自宅で栄養価の高いメニューを考えることが主婦・主夫の大事な役割となります。自宅にいるとつい間食をしてしまうので、規則正しい食事やおやつの時間を決めるようにしましょう。

テレワークで働いている人は、散歩を兼ねて買い物に行くのも有効です。運動は毎日のラジオ体操のほか、家族揃っている日はフィットネス系のテレビゲームをするのもよいでしょう。楽しみながら体を動かすことで、ストレスの解消にもなります。

睡眠は通勤していたときに比べて不規則になりがちなので注意が必要です。テレワークでも通勤しているのと同じ時間帯に起きることが、生活のリズムを崩さないコツでもあります。起床時間を一定にすると必然的に夜更かしもできなくなるので、就寝時間も規則正しくなります。

酒・タバコの量を減らしたほうがよいのは論を待たないところです。とくに喫煙は肺炎リスクを高めるので、コロナ禍では最も注意したいポイントといえます。

健康診断で生活習慣改善の成果をチェックしよう

努力して生活習慣の改善をしたら、その結果についてもチェックしたいところです。どの程度改善されたかは健康診断で確認することができます。健診を受ければ、食事を改善した結果、血糖値やコレステロールがどのように変化したか、運動した結果「コロナ太り」がどの程度改善したかなどが具体的にわかるでしょう。

それだけでなく、健康診断では隠れた病気の兆候がみつかる場合もあります。そうなった場合、今度はその病気の回復のために生活を改善する必要がでてきます。健康診断を受ければ、診断結果の説明のときに医師にアドバイスを受けることもできるので、生活習慣の改善に有効です。

「ピンチはチャンス 」という言葉があります。普通の人にはピンチでも、成功する人はそれをチャンスに変えるというのです。この格言のように、コロナ禍で高まった健康意識を、正しい形で将来に生かすように意識すると良いでしょう。

※KRD Nihombashiは健康保険の使用ができない、自由診療の健診施設です。 健診は、スタンダード、ライト、「歯・目・血」、プレミアム、レディースの各コースをご用意しており、 料金はスタンダードAコースで13万7500円、Bコースで12万1000円、プレミアムでは男性コース22万円、 女性コースは24万8000円となっています。各コースともに、70項目以上の検査項目を実施し、 受診者さまの健康管理をサポートいたします。料金の詳しくは以下をご確認ください。
・KRD Nihombashi 健診の料金 https://www.krd-nihombashi.com/service/price.php
・KRD Nihombashi Email:info@krd-nihombashi.com