「病気になってから治療費を支払う」というのは昔の考え方。いまは「病気になる前に健康投資で予防する」時代です。充実した人生を送りたいなら、30代から適切な健康投資を行うことが大切です。

糖尿病は自覚症状なく進行し、命にかかわる合併症を引き起こすおそろしい病気。健康投資で糖尿病を早期発見し、自分なりの予防策を講じましょう。

これからますますキャリアアップする30代ビジネスマンを対象に、生活習慣病の1つである糖尿病のリスクと、自らのための健康投資の必要性を解説する本連載。連載第三回目となる本記事では、30代・40代から健康投資を始める意味を考えます。また、糖尿病リスクの発見に役立つ精密な健康診断サービスについても紹介するので、参考にしてみてください。

30代から考える健康投資#3
(画像=ZUU online編集部)

目次

  1. 「沈黙の病」糖尿病は健康診断で発見できるのか
  2. 30代・40代のうちから健康投資を始める意味
  3. 糖尿病の早期発見のために――KRD Nihombahiの検査
  4. KRD Nihombahiでは“動態管理”が基本
  5. KRD Nihombahiが血・歯・目に注目する理由
  6. 自分の身体を大切にできるのは自分だけ。健康投資の重要性

▽教えてくれた人

田中岳史
田中岳史(たなか たかし)先生
KRD Nihombashi院長。順天堂大学医学部卒業。ケンブリッジ大学留学後、行徳総合病院院長などを経て現職。日本消化器病学会指導医、日本外科学会認定医、日医認定産業医、宇宙航空医学認定医。

「沈黙の病」糖尿病は健康診断で発見できるのか

糖尿病は「沈黙の病」といわれており、自覚症状なく進行します。健康診断の数値にも表れにくいのが特徴です。

手足のしびれやかゆみ、目のかすみ、勃起不全や生理不順が糖尿病の予兆であることもあります。しかし、こういった症状は疲れや不規則な生活によって一時的に表れることもあり、糖尿病と気づきにくいのが難点です。

糖尿病リスクに気づくには、精密な検査を受け、複合的な観点から糖尿病リスクを判定することが有効です

30代・40代のうちから健康投資を始める意味

糖尿になると、1年間で平均24万円もの治療費が発生します。また、人工透析が必要になると、助成制度はありますが、年間300万円から500万円の治療費がかかります。

治療費として毎年24万円もの金額を負担するぐらいなら、糖尿病になる前に必要な健康投資をした方が、幸福な人生を送れます。24万円あれば、健康診断を受けたり、スポーツジムに通ったり、運動器具を買ったりできます。治療費として病院にお金を支払うのか、健康投資にお金を使うのか、お金の使い道を考えてみましょう。

糖尿病予防を始める理想のタイミングは「生まれた瞬間から」といわれています。つまり、早ければ早いほど糖尿病リスクを下げられるのです。

その中でも20代は、一人暮らしを始めたり、学生から社会人になって仕事を始めたり、変化に富んだ時期です。20代に食生活が乱れていたり、睡眠時間が不規則だったり、ストレスが溜まっていたりすると、気づかぬうちに糖尿病を発症していることがあります。20代で糖尿病を発症していた場合、30代で人工透析が必要になることもありうるのです。

20代後半から30代に差し掛かると、会社でも役職についたり、家庭をもったりして、社会的な責任も高まります。仕事や私生活、家族との時間を守るためにも、リスクと向き合い、健康投資で糖尿病の早期発見に努めましょう。

糖尿病の早期発見のために――KRD Nihombahiの検査

KRD Nihombahiでは、さまざまな健康リスクを発見できる精密な健康診断を実施しています。たとえば、糖尿病にかかわる検査項目には、「血糖値」「ヘモグロビンA1c」「1,5-AG」「グリコアルブミン」があります。

「血糖値」は、糖尿病の検査では一般的な項目です。身体のコンディションや前日の睡眠時間等で大きな影響を受けます。そのため、必ずしも正確に糖尿病を診断できるとは限りません。

「ヘモグロビンA1c」は、採血から2ヵ月さかのぼって糖尿病の有無と程度を調べる検査です。2ヵ月という長い期間の血糖の変化を反映する一方で、今現在の糖尿病のリスクは得られにくいというデメリットがあります。

「1,5-AG」は食後高血糖を反映する検査です。食後高血糖である場合、将来に糖尿病になるリスクが高いことがわかっています。そのため、「血糖値」や「ヘモグロビンA1c」に異常が見られなくても、「1,5-AG」の検査結果をみることで、将来の糖尿病リスクを予見できます。

また「グリコアルブミン」を検査し、1ヵ月さかのぼって糖尿病の有無と程度を調べます。これによって、「ヘモグロビンA1c」では発見できなかった糖尿病に気づけることがあります。

さらに、合併症や動脈硬化の進行具合、内臓への負担、肝臓・腎臓・膵臓の機能などを、きめ細かく分析します。

KRD Nihombahiでは、このようにさまざまな角度から複合的に判断することで、「沈黙の病気」である糖尿病とその合併症のリスクを発見できる体制が整えられています。

KRD Nihombahiでは“動態管理”が基本

定期的に健康診断を受けていても、結果を見て一喜一憂したあとは、すぐに結果を忘れてしまう人がほとんどです。しかし、それでは健康リスクに正しく備えることはできません。

健康診断の結果を受け、自分自身の健康状態を把握・理解し、改善に必要な知識を習得して実行するという意識変容が重要です。

KRD Nihombahiでは、時系列に沿って健康リスクを予防する“動態管理”を大切にしています。KRD Nihombahiの健康診断では、半年後のフォローアップ健診であるミニドックが最初からセットになっています。正確な検査結果を提供し、その後の行動改善につなげていくことが大切です。

行動改善のためには、モチベーションが不可欠です。モチベーションを維持するには「行動改善で数値が改善したことを知ること」と「楽しみ取り組むこと」が重要です。

行動改善が結果として現れるのは3~6ヵ月後です。この結果を数値として体感していただく機会として、このフォローアップ健診を実施しています。半年間の行動改善が数値にダイレクトに影響するのを目の当たりにすれば、人間は自然と健康維持のモチベーションが上がります。行動改善のその後の継続がぐっと楽になるのです。

また、健康診断というと「億劫だ、面倒だ」と考えている人も多いでしょう。「ネガティブなことを言われる」「できもしないことを言われる」というイメージがある人もいるかもしれません。

しかし、健康リスクに備えるのは、充実した仕事、そして人生を送るためです。健康管理は、本来楽しみながらすることなのです。KRD Nihombahiでは、「楽しい健康診断」を心がけています。実際に、笑いながら帰っていく受診者もたくさんいます。

KRD Nihombahiが血・歯・目に注目する理由

KRD Nihombahiの検査では、標準で血・歯・目の検査がすべて受けられます。

本連載1回目でも解説しましたが、糖尿病が失明原因になっていたり、糖尿病と歯周病が相互に病状を悪化させたりといったことからもわかる通り、血・歯・目は密接に関係しています。異なる角度から検査することで、糖尿病のような発見が難しい病気でも、未病の段階でリスクを察知できる可能性が高まります。

眼科に関しても、精密な検査を用意しています。糖尿病をはじめとした生活習慣病やPC作業、スマホ繁用など生活環境の影響の把握には、眼科の検査も欠かせません。また、歯科に関しては、虫歯の有無だけでなく歯周病の状態や噛み合わせを調べ、全身への影響を推察します。

自分の身体を大切にできるのは自分だけ。健康投資の重要性

自分の身体を大切にできるのは、自分だけです。健康リテラシーを磨いて実行しないと、人間の健康は維持できません。

健康に幸せに生きるため、健康リスクについて正しい認識を持ち、必要な知識や行動を知って継続しましょう。行動改善のためには、健康投資も活用してください。

人生100年時代といわれる今、自分の健康には自分で責任を持ち、100歳でにっこり笑っていられる人生を目指したいものです。

>>>あわせて読みたい
30代から考える健康投資#1:命にかかわる糖尿病のリスクを知る
30代から考える健康投資#2:糖尿病が人生に与える影響とビジネスマンのための予防術
30代から考える健康投資#3:健康投資で忍び寄る糖尿病リスクをヘッジする

※KRD Nihombashiは健康保険の使用ができない、自由診療の健診施設です。 健診は、スタンダード、ライト、「歯・目・血」、プレミアム、レディースの各コースをご用意しており、 料金はスタンダードAコースで13万7500円、Bコースで12万1000円、プレミアムでは男性コース22万円、 女性コースは24万8000円となっています。各コースともに、70項目以上の検査項目を実施し、 受診者さまの健康管理をサポートいたします。料金の詳しくは以下をご確認ください。
・KRD Nihombashi 健診の料金 https://www.krd-nihombashi.com/service/price.php
・KRD Nihombashi Email:info@krd-nihombashi.com