コロナ下で問われる「非メイン行」の融資支援
(画像=PIXTA)

ケース4 メイン行が取引を引き揚げており自行庫が融資に応じるとメインになる

本ケースはこんな状況だ!

D社の借入れは「メイン行X銀行から35%、準メインの当行が30%、そしてY信用金庫が15%、W銀行・Z銀行から各10%」という状況。コロナ下でD社はX銀行に元金支払い猶予の申し出をしたものの、X銀行は拒否。取引を引き揚げ始めメイン行としての役割を放棄しつつある。そんな中、準メインの当行に一部肩代わりと追加融資の依頼があった

近代セールス_14.png
(画像=近代セールス)

こう支援する