中小企業の「困った!」に応える お手軽経営アドバイス【最終回】スタッフがすぐに辞めてしまう店
(画像=PIXTA)

Q 社長から相談を受けることも多く信頼関係を築けていると思っているのですが、なかなか融資の申込みにつながりません。「融資実績につながる信頼関係」をどうつくればよいのでしょうか?

まずは、そもそも「なぜ社長との信頼関係が重要なのか」を考えてみたい。

私たちが目指しているのはソリューション営業だ。売上が伸びない、利ザヤが少ない、後継者がいないなど、中小企業は様々な課題を抱えている。それらに対し金融機関は、最適と思われる解決策を考える。その結果、販路拡大や仕入先の紹介、M&Aといった提案が実現する。

しかし、信頼されていなかったら、そうした課題について相談されることはない。相談されなければせっかくの担当者のコンサル力も宝の持ち腐れになってしまうわけだ。だから、社長と信頼関係を築くことが重要視されている。

今回の質問者は、相談されることは多いと言っている。だとしたら信頼関係は築けている。その点は自信を持ってよい。そのうえで、なぜ実績につながっていないのかを考えていこう。

フィーが得られる機会を逃してはいないか!?