グラフ
(画像=PIXTA)

1. まずは資産形成の「目的」を聞いてみよう!

ヒアリング例
金利が長く低水準で推移している状況では、お金を効率的に貯めていこうとすると、預金だけではどうしても難しいですよね。ご家庭では、リタイア後の生活について今のうちからお考えになっていますか?
ヒアリング例
・今は若いうちからお酒も控え、食事にも気を遣うなど健康志向の方が増えていますね。健康面の将来への備えという意味でも、コツコツと貯蓄に動いている方が多いようです。お客様はいかがでしょうか?
・お金を貯めるといっても、「特別目的がないと身が入らない」と皆さんおっ しゃいます。お客様はいかがですか?

想定されるお客様の反応